スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

maid in 東北

2011年03月27日に『東日本大震災のちょっと良い話 買い物編』と題して紹介した東北のアンテナショップ。
「被災地の商品を買って支援したい」というお客で盛況だった頃から早一年。
いずれのショップも震災直後から秋頃にかけての盛況は落ち着きましたが、震災前よりも確実に客足が増えていました。
震災をきっかけにアンテナショップを訪れてその商品を気に入り、リピーターとなったお客が多いからです。
今では「被災した街の商品だから」ではなく「美味しい商品だから」という理由で購入されています。
こういった積み重ねが、被災地が本当に立ち直る一歩一歩となっていく筈です。

詳しくは引用元で(↓)

【「食べて支援」は続いている?――被災地アンテナショップの今】 (日経トレンディネット2012/3/6)

そして、海外でも…

約2000店の日本料理店があった香港。
昨年は原発事故による日本産食品への放射能汚染への危惧から大きく売り上げが落ち込み、20店以上が閉店に追い込まれました。
現在、福島県他5県の野菜、果物、牛乳等が輸入停止。それ以外の食品は全て放射線検査が実施されています。
日本産の干アワビやホタテを販売する海産食材店の麦澄波(75)さんは、鈍っていた客足が事故前の9割まで回復したといい「検査の説明をすると、大抵のお客さんは安心してくれるようになった」。
5月以降、日本食業界は香港政府と一体となって、日本食の安全を宣伝したり、半額キャンペーンを実施。
その甲斐もあり、客足は事故前の状態に戻りつつあるそうです。(朝日新聞2012/3/11)

という訳で、管理人は行きつけのスーパーで久々に見つけた三陸産ワカメに狂喜!
きちんと「放射線量検査済みです」と書かれていたので、迷わず購入しました。
やっぱり、三陸産の生ワカメが味・歯応え共に最高に好みです♪
養殖してくれた漁師さん、出荷してくれた水産加工工場の皆さん、そして流通してくれた全ての物流業者さんと仕入れてくれたスーパー等諸々に感謝して味わいたいと思います。(^q^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。