FC2ブログ

トモダチからのARIGATO

孤立した避難所の発見と補給、仙台空港の復旧、仙石線の瓦礫・汚泥の撤去などに参加した米軍に、被災者が送ったメッセージ。

「トモダチ作戦」に参加したトス空軍大佐(嘉手納基地所属)が15日、ワシントンの記者団と電話で会見。
仙台空港上空を飛行中、浜辺で木を並べた「ARIGATO(アリガトー)」の文字に気付き、日本人の感謝の心に感動したと振り返った。
大差は3月16日早朝から仙台空港の復旧に自衛隊と共に着手。同20日には輸送機が着陸出来る状態まで復旧させた。
「ARIGATO」を目にしたのは、任務終了間際の4月3日。
米軍機で同空港に着陸しようとした際、長さ数メートルの木を滑走路近くの浜辺まで引きずっていく人が見えたという。
文字は着陸時にしか見えない場所だったといい、大佐は
「苦境にあって懸命に働いている人たちが、我々に感謝を伝えようと時間を割いてくれた。逆に日本人への感謝がこみ上げた」と語った。
(朝日新聞2011/4/17)

国同士だと打算が働いて疑心暗鬼になりがちですが、人同士だとお互いを血の通った人間として見やすいから不思議です。
政府や軍上層部には対日要望やら世界戦略やらがあると思われますが、現場レベルでは一兵士、一個人として何か感じる処があれば良いなと、つい期待してしまいます。(笑)

かつて、戦後アメリカきっての外交官キッシンジャー氏は「国家に真の友人はいない」と言いました。
ですが、こういう草の根の交流から育てていくものが、将来の「友達」を作っていくのだとも思います。
何の努力もしないで最初から「無理だ」と諦めるのは、あまりに怠惰ではないでしょうか。

政治家の挑発的な発言や軍の姑息なやらせやマスコミの扇動的な偏重報道など、民間交流の努力を尽く無に帰してきた妨害に負けないよう、目の前にいる「人」としっかり向き合っていきたいです。