スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不自由と偏愛と不平等と

相変わらず、大荒れの世界情勢。

内戦が激化するコートジボワールでは日本大使館が襲撃され、大使館職員が命からがらフランス軍に救助されました。(まさかアレバ参入の対価…?)
国際宇宙ステーションに、中国の衛星破壊実験で発生したデブリが6kmまで接近し、一時はクルーの緊急脱出も検討されたという危機一髪。
リビアでは、鼻息荒いフランス軍を筆頭に足並み揃わぬNATOを交えて激化する内戦で、一日六千人もの避難民が周辺国へ流入している。

貧しい中から義援金を送ってくれたガボンやアフガニスタン等の国々。
彼らにも、平和と幸福が訪れるよう願って止みません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。