FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイクニュースを最も多く流してきたのはマスメディア

※2017/02/25 (Fri) 23:59 加筆

「世界の歴史において、今日のアメリカに報道の自由などというものはありません。(-中略-)誰ひとりとして正直な意見を書ける記者などいないし、たとえ書いたとしても絶対に印刷されないこともよくわかっています。私が勤め先の新聞社から給料をもらえるのは、正直な意見を書かないからです。(-中略-)正直な意見を書くような愚か者は、すぐに仕事を失い、別の仕事を探さねばなりません。たとえ、私の率直な意見が新聞に掲載されたとしても、すぐに解雇されるでしょう。記者とは真実を壊し、公然と嘘をつき、事実を歪曲し、人を中傷し、富の邪神にへつらい、自分の国も国民も日々の糧のために売り飛ばすことです。(-中略-)我々は舞台の陰に潜む金持ち連中の道具であり召使なのです。(-中略-)我々は知性を売りとばした娼婦なのです」

――ジョン・スウィントン - 『ニューヨーク・タイムズ』記者
1880年、マスコミ首脳が集まるパーティーでのスピーチより


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。